芝Zで差をつけろ!

ポケモン対戦について情報発信を行うブログです^_^

S9 最終レート2173 8位 結論asamiループ

最高最終2173 最終順位8位を達成することができました^_^

【使用構築】

f:id:asami1108:20180515171407p:image 

 

【構築経緯】

択ゲーが嫌いなのでできる限り安定行動で勝てる受けループを軸としてその中で崩しに対する誤魔化し、ストッパーを最大限に取り入れたパーティを目指した。

また、マッチング運に左右されたくなかったのでどんなパーティにも勝ち筋を作れるように全体応を目指した。

 


【使用個体】

かえでさんがほとんど書いてくれました^_^

 f:id:asami1108:20180515191550g:plain

メガゲンガー@ゲンガーナイト
性 格:控えめ
実数値 : 135-*-100-244(252)-116(4)-182(252)
技構成 : 祟り目/ 鬼火/ 気合いボール^_^/ ヘドウェ
◇ 177-151カプ・レヒレをヘドウェで乱数1発87.5%
◇ 175-148カプ・テテフをヘドウェで確定1発
◇ 185-135リザードンY,183-129ウルガモスをステロ+ヘドウェで落とせる
 f:id:asami1108:20180515191700g:plain

グライオン@毒々玉
性 格:慎重
実数値 : 179(228)-116(4)-146(4)-*-139(252)-118(20)
技構成 : 羽休め/ 地震/ バトンタッチ/ 身代わり
◇ C222ギルガルドのシャドボZ確定耐え
◇ 慎重グライオン抜き
 f:id:asami1108:20180515191731g:plain

フェローチェ@気合いの襷
性 格:せっかち
実数値 : 147(4)-189(252)-51-158-57-223(252)
技構成 : 飛び膝蹴り/ 蜻蛉帰り/ 冷凍ビーム/ ライナー

 f:id:asami1108:20180515191822g:plain

モロバレル@黒いヘドロ
性 格:図太い
実数値 : 218(228)-*-134(252)-105-104(28)-50
技構成 : 胞子/ イカサマ/ 光合成/ クリスモ
◇ A156ミミッキュ剣舞シャドクロZ確定耐え
◇ C222ギルガルドのシャドボZを75%耐え
 f:id:asami1108:20180515191908g:plain

ラッキー@進化の輝石
性 格:図太い
実数値 : 335(76)-*-62(252)-*-148(180)-70
技構成 : 地球投げ/ 電磁波/ ステロ/ 眠る
◇ H 16n-1
◇ C200カプ・テテフのショックをほぼ2耐えする
 
 f:id:asami1108:20180515191930g:plain

メガヤドラン@ヤドランナイト

性 格:図太い
実数値 : 201(244)-*-255(252)-150-102(12)-50
技構成 : 熱湯/ 冷凍ビーム/ 怠ける/ 欠伸(トリル)
◇ H奇数

 

【構築の要点】

•崩しに対する処理ルート

従来の受けループでは剣舞リザ、ショックテテフ、アーゴヨンデンジュモクカミツルギなどの崩し枠に抗う手段が乏しく簡単に崩されてしまいました。そこで崩しに対する切り返し、そのまま全抜きという勝ち筋を作れるようにラッキーの型を電磁波ステロにしました。

それだけではゲンガーより早い崩しに対してなすすべなく負けてしまったり行動保証がないゲンガーだと釣り交換を余儀なくされてしまうことが多いです。

そこで行動保証プラスストッパーになることができ拘らずに広範囲を叩ける襷フェローチェを採用することでテテフ、ゲンガー、ジャラランガなどの崩しに対しても明確な勝ち筋を作ることができます。

バレルの胞子、ラッキーのステロ電磁波をうまく利用しながら崩しに対して切り返して相手から見えない勝ち筋を拾うことができるのが本構築の1番の強みです。

 

・バトンタッチグライオンの強み

ガルド受けや電気の一貫切りに欠かせないグライオンですが、浮いてる身代わり持ちに何もできなかったりカミツルギ等に起点にされてしまうことが多かったり選出しても腐ることが多いです。

そこでガルドや電気に対する役割を持ちつつ有利対面身代わりからバトンタッチをすることで後続を無償降臨させて有利サイクルを作れるように上記の型のグライオンを採用しました。

マンダガルドに対しての選出択を和らげ、勝率を飛躍的に高めてくれました。

またグライオンプラスゲンガーで受けミラーにはほぼ確実に勝てるので、ミラーの対策が難しい受けループにおいて不可欠な役割を担っています。

 

・控えめゲンガー

電磁波サポートが前提なためゲンガーは火力を高めるため控えめで採用。レヒレを落とせたり耐久振りテテフを落とせたり何かと活きる場面が多いです。デメリットはゲッコウガを抜けないことでゲッコウガに対して窮屈な立ち回りを要求されます。

 

・眠るラッキー

本構築は追い討ち枠が存在しないため相手のゲンガーをラッキープラス何かで処理しています。滅びゲンガーは電磁波ステロを撒いて裏の一貫で勝つ、滅び以外の場合は眠るラッキーで基本的に勝つことができます。

また毒羽サンダー、毒ドラン、毒ガルドなどで崩しを狙ってくるパーティにも刺さり選出択の解消や見えない勝ち筋を何度も拾うことが出来ました。

 

・あくびヤドラン

れいび、ねっとう、なまけるまでは確定でラス1マンダに勝てなければいけないので候補はトリックルーム、鉄壁、瞑想、あくびの4つですが裏をみてゲームメイクしやすくなったり無理矢理択を作ることができるという理由であくびを採用しました。

ジャラランガに択を迫ったりカミツルギ対面あくびで流したり使い所は多いです。

 

 
【結果】
TN あさみ 最高最終2173
TN MinaKotobuki 最高2168
TN CLAIRE 最高2146
TN かえで 最高2081

3人で使用してこのような結果でした。

 

 

【あとがき】

受けループが勝てないと言われてる中で新しい受けループの形を見つけて結果を残すことができて凄く嬉しいです^_^

障害対面構築だけでなく受けサイクルも使えるってことを示せたのではないでしょうか?w

これからも自分の信じる考えた方で人とは違った方向性のパーティを開拓していきたいです!

構築を一緒に考えてくれたかえで、れおん、通話で一緒にポケモンしてくれたhabanさん、めたおさん、いつもどおりのまりめいぼのみんなありがとう^_^

 

 QRレンタルチーム

 https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-405E-BC0E